季節によるスキンケア方法の使い分け

日々、長く湯浸かるが好きな私はお肌の乾いてしまうのを未然に防ぐために、いつも洗顔後は真っ先に化粧水をつけてから、ゆっくりお風呂に入るひと時を楽しんでいます。
しかし、真冬の時期はこれだけで済ませてしまうのは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水の後に保湿美容液もまんべんなく塗って湯船に浸かっていますが、この習慣が身につくようになってから乾燥肌がとても改善されてきました。肌は状態を見てスキンケアのやり方を使い分けることが必要です。
肌の状態は毎日変わっていくのに同じやり方で、お肌のお手入れをしていけばそれで大丈夫というわけではありません。脂性なのにたっぷり保湿をすることはないと思いますし、刺激の大きいケアは生理前などの体にも影響がありそうなときは使わないというように区別することがお肌のためなのです。また、四季の変化にもあうように方法を使い分けることもお肌のためなのです。スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと潤いを保つことです。
しっかり汚れを落とさないと肌のトラブルが起こる要因となります。
そして、肌が乾燥してしまっても肌をトラブルから保護する機能を弱めてしまうので、保湿を欠かすことがないようにしてください。

でも、潤いを与えすぎることも悪いことになります。

参考:デトランスαワキ用 激安通販